連載:珍技ある戦い?

2009年2月 5日 (木)

いろいろ口走る衝動

~from Kakerlaken Salat/ごきぶりサラダ

ごきぶりシェフがストループ・テストを仕掛けてくる「ごきぶりサラダ」から。
ストループ・テストとは、「それとは違うもので着色されている色名単語」のように、同時に目にする二つの情報が干渉しあう現象が発生している状態で、片方の情報(例なら活字の色もしくは単語)を取り出す速度や精度を調べるテスト。最近は携帯ゲーム機のいわゆる「脳トレ」ソフトの一部に実装されています。
ヴァラエティゲームクラブでは、作品の特性―― ストループ・テスト要素と以下に示すルール ―― から、参加者から「ミスが基礎知能の低さをダイレクトに示す作品」とみなされ、忌避されています(詳細)が、パーティの場ではミスした瞬間も盛り上がりを生むため、しばしば登場する作品となっています。

続きを読む "いろいろ口走る衝動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共産&ラヴクラフト空間発生

~ from ことばのカードゲーム・もじぴったん
洋の東西を問わず、ワードゲームでは、手に配られたカードやタイルを組み合わせて単語を作り、それを公開するのが基本。ランダムに配られたカードの組み合わせによっては、日常生活ではめったに使わない単語も頻発します。ましてや、勝手知ったる母国語を使うとなれば、勝敗を度外視して「如何にインパクトのある単語を出すか」を考えるようになるプレイヤーが登場するものです。

続きを読む "共産&ラヴクラフト空間発生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)