種目ジャンル:ウィザード

2009年11月 4日 (水)

ウィザード日本選手権 本戦結果情報

11月3日に六本木ヒルズ[東京]で行われたウィザード日本選手権2009(第3回)で、関西JAGA代表である高崎 真一選手が優勝、2010年秋予定の第6回世界選手権への出場権を獲得した。
北海道代表枠を獲得した佐野 まさみ選手が3位、松田 一暁選手が7位タイとなった。

ウィザード日本選手権2009 本戦結果(上位者・北海道代表・他記録者:敬称略)
変則カナディアンルール2マッチラウンドロビン・素点評価
優勝 高崎 真一[大阪:近畿予選] 900
準優勝 寺崎 美保子[東京:関東予選] 860
3位 佐野 まさみ[札幌:北海道予選] 850
7位タイ 楊 万里[東京:関東予選/第一回日本選手権者] 730
7位タイ 松田 一暁[古平:北海道予選] 730
9位 田中 瑛留[東京:関東予選/本戦参加最年少記録更新(10歳)] 710
13位 野尻 仁志[滋賀:近畿予選/3年連続本戦出場] 560

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

第3回ウィザード日本選手権 北海道代表者決定

10月17日、ウィザード日本選手権北海道予選が16人の有資格者(うち3名当日参加資格獲得)で行われ、2マッチラウンドロビン(4人×4卓)2マッチの相対評価の結果、和泉 潤也選手が優勝、佐野 まさみ選手が2位入賞した。

ただし、和泉選手および3位の関 尚洋選手が職業上の都合上、日本選手権参加を辞退、参加権は2位の佐野選手と4位の松田 一暁選手に与えられた。

第3回ウィザード日本選手権 北海道予選結果(ベスト5)
優勝 和泉 潤也 +430.0 → 職業上の都合で本戦辞退
準優勝 佐野 まさみ +330.0
3位 関 尚洋 +215.0 → 職業上の都合で本戦辞退
4位 松田 一暁 +190.0
5位 山本 裕三 +165.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

ウィザード日本選手権北海道予選への参加資格の追加が発表

ウィザード日本選手権北海道予選の現地コーディネートを行うゲームパーソングループ
『「2008年北海道予選本大会参加者で、今年単位マッチ勝利を申請していないプレイヤー」への単位マッチ免除』を発表した。

この適用により、4名に本戦権利が与えられ、9月5日現在の本戦出場権を持つものは16名となった。

続きを読む "ウィザード日本選手権北海道予選への参加資格の追加が発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

ウィザード・変則カナディアンビッドルール

全員の宣言トリック数の合計が、ディールの枚数と同じである状態のことを「友好ビッド」と呼び、そうではない状態を「敵対ビッド」と呼ぶ。
前者では、誰かがプレイングをミスしない限り、全員がプラスの点数を得ることが可能だが、後者の状態では必ず誰かがマイナスをかぶる。そしてウィザードではプラスの最低点(0トリック・メイク)とマイナスの最高点(1ダウン)で30点の差がつくので、一人当たりの期待得点は少なく見積もっても7~8点下がることになる。

――第1回ウィザード日本選手権北海道予選記事[月刊テーブルゲーム北海道 2007年11月号]

ウィザードの基本ルールでは、最後にビッドを行うディーラーが友好ビッドを狙って作ることが出来ます。これによって、同じ人数でプレイしても、マッチのトップ者のスコアに差が出てきます。

続きを読む "ウィザード・変則カナディアンビッドルール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)