ポーカー二題(その1):「ポーカー教室」レヴュー

今月発売されたポーカー侍さんの著書「ポーカー教室」を読了した。

この本はポーカー侍さんが講義形式でテキサス・ホールデム、7カードスタッド、オマハ・ホールデム、オマハ・ハイローのルールから、基本的なプレイの考え方の導入まで説明が及んでいる。
80年代のコミックなどや他競技とのルールの混同などからか、各種の誤解を受けているルール(チョップやオールインなど)が丁寧に説明されているので、この本1冊置いておくだけでプレイをはじめるには十分であると保障できる。

特にテキサス・ホールデムで重要となる「ホールカード(手札2枚)の評価」や「オッヅ(期待値)に基づくコール/レイズの考え方」がしっかり説明されている。「いつレイズしていいかわかんなーい」という人もこの本にあたるといいだろう。

プレイフォーマットについてもトーナメントだけでなく、海外のポーカールームでメインとなっているリングゲームについての言及もなされており、どこでもポーカーをプレイできる基礎技術を覚えるにはもってこいの本である。

Twitterにキャストしたファーストインプレッションで、「表紙の萌え絵がマイナス」と書いたが、表紙のモデルが受講生役の苑武れむさん(モデル/タレント)であるという必然があり、かつ章の口絵に絵が使われるレベルなので、その部分はほっとしているところ。
本文至るところに萌え絵が使われていると、ポーカーを学ぶ意図なしで萌だけを目的に買う層が、ポーカーに興味を持つ層を上回ってしまい、(売れるかも知れないが)ポーカー普及には明らかにマイナスになると思ったからである。

ちなみにポーカー侍さんとは、かねてからてらこさんを通じてmixiでのコネクションがあったところに、去年のウィザード日本選手権本戦でじかにお会いすることが出来た。(ポーカー侍さんも関東予選を勝ち上がった。同卓は出来なかったが)
その後、来道中にmixiのポーカー in 札幌コミュのオフ会にも来られたり(以前から管理人のjunaさんと親交があるそうな)と、着実に関係を深めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mixiにゲームパーソングループ公式コミュニティ

最近、mixi内にゲームクラブ公式コミュニティを作るのが増えているので、ゲームパーソングループもそれに乗ってみることにしました。

コミュニティ名は「Gameperson Group Official」
PC版はこちら
ケータイ版はこちら

主にC&HやTGH関係情報を流していきます。
mixiのみのコンテンツとして、主にTGHの裏話や編集計画(やや技術よりのこと)を書くこともあります。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりウケたぞPeeper:Matrix

今日のCool&Heat#054で展開された、Peeper/ピーパーの一種目:Matrix/マトリクス。
問題となっていたMINE/RETURNのルールや、スコアリングシステムが和文で明文化され(mixi内のたけるべ先生の記事のおかげです)た上での再登板となりました。
C&HやアスガルドでTichu/ティチューがヒットしているので、同傾向のマトリクスも受けるだろうとおもったら、思ったとおりのウケになりました。

ティチュー同様、「トップ上がり」宣言の「チャンス」宣言があり、それに対する一騎打ち申し立て「ダブルチャンス」宣言も存在することが、大きくゲームを動かすのでこれに対する悲喜こもごもが出ています。
点数精算もチップがある(ジー・ピーから買ってきて本当によかった……)から楽だし。

問題はゲタ牌のサイズが持ち運びを難しくしていることなんですよね……
C&Hで常備してもいいんだろうが……どうしよう?

ちなみに私も注目のmixiのPEEPERコミュニティはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな診断をやってみた

セシル君のmixi日記で読んで知った「ザ・恋愛インタビュアー」ってのをやってみた。
結果はこちら

コメントをどうぞー

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Wizard日本選手権レポート⑤:11月3日③本戦第1ゲームだ!

さあ、いよいよ本戦スタート。
ご存知の通り、本戦も北海道本予選同様、ラウンドロビン2回戦の素点合計。
TGH2007年11月号12ページ~13ページにも書いたとおり、ウィザードのスコアリングシステム上、友好ビッド卓と敵対ビッド卓で点数の合計が違うため、敵対ビッドは全員にとって損が出ることは、ここまで勝ち上がった選手の皆様にとってはもはや周知の事実。
今、mixiのウィザード・コミュニティでは、今回の参加者や各予備予選・順プレミアイベントのコーディネータの間で「敵対ビッドにも意味が出るよう、評価システムの見直しを検討してもらう」ために意見を出し合っているところです。
私は各卓の合計点数を2,400点(4人ゲームで全員が15ディールを全てメイクしたときの合計点)にそろえるよう、不足点を全員に等分して、かつ順位点(150-50がベストか?)を足すシステムがいいのではないかと思います。

Img_0468第1ゲーム 第一ディールの前。ディーラーは私。(写真撮影:てらこさん)

第1ゲーム。私はハート卓
相手は作道さん(東京2位)・姫川さん(近畿4位:繰り上がり)・「無番和」田中さん(東京8位)
皆さんを初めて会った人っぽくないなーとは思っていたが……
無番和さんとはリアルでお会いするのは初めてだが、結構前から北海道中麻シーンのメンバを通じて、mixiでは知り合っていて、お互いコメントを残しあったりしている。
作道さんも草場先生の日記コメントやトリックテイキングコミュニティなどで活発に発言をされているのを知っている……。
リアルで過去にも会っているっていうデジャヴュは起こって当然だよねぇ。

先ほども書いたとおり、友好ビッド卓と敵対ビッド卓ではスコアが段違いになる。
このため、第1ゲームはとりあえず友好ビッド中心で場が回り、稼ぎそびれたメンバーが第2ゲームで敵対ビッドを連発するようコーディネートするだろうと読んでいた。
ということで、可能な限り友好ビッドで回る形でプレイを進めていった。
とは言うもの、ラウンドが浅い間は手の評価のぶれも大きくなる。これに姫川さんが一人やられる形でスコアを下げた。あまり手格好を覚えていないのは、手なりで進んで大きくダウンしなかったから、強烈な印象が残らなかったからだろう。

第1ゲーム・ハート卓(席順・敬称略) 佐野:480 作道:480 姫川:290 田中:460

とここで事件発生。
第2ゲームは各卓トップがテーブルマスターとなり、他が再抽選となるシステムのため、私と作道さんのどちらがテーブルマスターとなるか決めなければならなくなった。

※タイブレイカーシステム
該当者間のみで実施。
10枚ディールで、ビッドを全トリック終了まで非公開で行う「シークレットビッド」方式を採用。
点数が高かったほうが上位。

確か切り札4枚、ウィザードなしのバランスハンド。それをみて5をとりあえずビッドしていた。
作道さんが3トリックを確保した後、トリックを取り返し、向こうの切り札が切れたところでクレーム。だが残りを全て取らされたため2ダウン(7トリック)。
せめて作道さんも2ダウンでもう1回……と思ったが、向こうはメイドで勝負あり。

後で知ったのだがタイブレイカーはオーヘルのテクニックが使え、
で、作道さんはオーヘルのベテランプレイヤー。
ということは、3トリックキャッシュをし、メイド確保した後スローインして、こちらをダウンする公算大のクレームに追い込んだということだ。参った。(テクニック用語に関してはこちらを参照)

第1ゲーム・ハート卓 タイブレイカー(席順・敬称略) 佐野:-20 作道:50

次回、第2ゲーム編

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新聞記者風??

昨日(既におととい)のゲームマーケットで、今までWeb上で活躍を見聞きしていた各地のテーブルゲームシーンのセレブの方々とご挨拶をする機会がありました。
その中の一人、Table Games in the Worldの小野 卓也さんがmixiの日記に、「web先行で交流のあった初対面の人」の一人として挙げてくださいました。

「新聞記者風の風貌で~」との書き出しで始まっていました。
確かに金曜日に本業の職場から直接千歳→東京と移動した都合上、この日は背広(ネクタイなし)でした。
それで新聞記者風かな?と考えましたが、3年間のゲームシーンでの取材・執筆活動で、曲がりなりにもジャーナリストっぽさが出来たのかも知れません(本業のライターさんであるてらこさんあたりから見ると、まだまだ甘ちゃんなんでしょうけど)

「これだけの充実したものを定期的に発行なさっているのはすごいエネルギーだと思う」と書かれていましたが、小野さんだってあの充実したサイト情報量、しかも独文和訳記事を入れながら質を保つのは並大抵の努力ではないはずです。
ましてや、私のように本業が会社員というわけでもなく、独身でもない以上、著作にかけられる時間はこちらよりははるかに少ないはずなのですから。

少なくともTGH(およびその前身のタブロイド)は「北海道のゲーマーさんたちの普段の熱気も後押ししているのかもしれないと思った」と書かれたとおり、読者の皆様からの反響や各方面セレブの皆様のサポートのおかげで続けられています。各参加者から軽く扱われいる状態では、3年はおろか10号(半年)持たずに廃刊していた可能性が大きかったです。

続きを読む "新聞記者風??"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Web青チップとは?

先ほどknightさんから受け取った「Web青チップ」とは何か?

SaMoAの人間がmixiなどで使う、以下のアスキーアートのことである。

(*゚ー゚)つ  =● =● =● =●

●が青チップだと思いねぇ。
ダジャレの書いてあるスレッド(mixiだとトピックス)に書き込むのだ。

奴等リアルでは、実際に青のポーカーチップを投げつけてくるんだぜ。いつか俺が怪我するって。
おまけに人が会場に入ったとたん、投げつけて来たやつまでいた。それはいじめだ。いい加減にしろ。

で、このアスキーアート、なんと関東のmiyaさんも使っていたのを見かけた……
教えたの誰だ?

続きを読む "Web青チップとは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひこにゃんが大通りにやってくる??

この頃モノポリープレイヤーにはやっているもの。
彦根城築城400周年記念キャンペーン マスコットキャラクタのひこにゃんである。
mixiの自画像にひこにゃんを使っているだけではなく、白恋魔王にいたっては自分が運営する「モノポリー道場mixi支部」コミュニティのトップ画像を「モノポリーおじさんの真似をするひこにゃん」にしているくらいだ。

このひこにゃん、今年の札幌雪祭りの「雪のHTB広場」(大通り8丁目)で彦根城と共に雪像になるそうな。
2月のSaMoAはひこにゃん雪像を見に来た本州モノポリープレイヤーだらけになりそうな予感。

※私もこっそり「ひこにゃん」コミュに入っていることは、君とボクだけの秘密だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)