« ゲームパーソングループでのRoad&Army一時引き受けのお知らせ | トップページ | ポーカー二題(その2):PAZZO行ってきました。 »

ポーカー二題(その1):「ポーカー教室」レヴュー

今月発売されたポーカー侍さんの著書「ポーカー教室」を読了した。

この本はポーカー侍さんが講義形式でテキサス・ホールデム、7カードスタッド、オマハ・ホールデム、オマハ・ハイローのルールから、基本的なプレイの考え方の導入まで説明が及んでいる。
80年代のコミックなどや他競技とのルールの混同などからか、各種の誤解を受けているルール(チョップやオールインなど)が丁寧に説明されているので、この本1冊置いておくだけでプレイをはじめるには十分であると保障できる。

特にテキサス・ホールデムで重要となる「ホールカード(手札2枚)の評価」や「オッヅ(期待値)に基づくコール/レイズの考え方」がしっかり説明されている。「いつレイズしていいかわかんなーい」という人もこの本にあたるといいだろう。

プレイフォーマットについてもトーナメントだけでなく、海外のポーカールームでメインとなっているリングゲームについての言及もなされており、どこでもポーカーをプレイできる基礎技術を覚えるにはもってこいの本である。

Twitterにキャストしたファーストインプレッションで、「表紙の萌え絵がマイナス」と書いたが、表紙のモデルが受講生役の苑武れむさん(モデル/タレント)であるという必然があり、かつ章の口絵に絵が使われるレベルなので、その部分はほっとしているところ。
本文至るところに萌え絵が使われていると、ポーカーを学ぶ意図なしで萌だけを目的に買う層が、ポーカーに興味を持つ層を上回ってしまい、(売れるかも知れないが)ポーカー普及には明らかにマイナスになると思ったからである。

ちなみにポーカー侍さんとは、かねてからてらこさんを通じてmixiでのコネクションがあったところに、去年のウィザード日本選手権本戦でじかにお会いすることが出来た。(ポーカー侍さんも関東予選を勝ち上がった。同卓は出来なかったが)
その後、来道中にmixiのポーカー in 札幌コミュのオフ会にも来られたり(以前から管理人のjunaさんと親交があるそうな)と、着実に関係を深めている。

|

« ゲームパーソングループでのRoad&Army一時引き受けのお知らせ | トップページ | ポーカー二題(その2):PAZZO行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーカー二題(その1):「ポーカー教室」レヴュー:

« ゲームパーソングループでのRoad&Army一時引き受けのお知らせ | トップページ | ポーカー二題(その2):PAZZO行ってきました。 »