« 第1節会場確保のお知らせ | トップページ | 第二期GM杯 第1節結果 »

300ゲーム突破!Ver2.50へ

FCMCがVer2.xxへ移行して22ヶ月……10月10日の突発開催(SaMuA二次会開催)中に、通算300ゲームを突破しました!
また、この開催でぐっちTRがLv17となったため、かねてから温めていた、新TRシステムを盛り込んだ、Ver2.50に移行することにします。正式移行は、10月12日の次の開催から。変更内容は以下の通りです。

1. トップランカーがミニタイトル化されます。
プロ将棋の名人戦のように、TRは通常のランキング(順位戦相当)の頂点にいるものという立場になります。定員はVer2.0参加者の5%です。
1-1. TRには個別称号がつけられます。
Ver2.0移行直後は、佐野TRは【麻雀妖怪】、ぐっちTRは【カンチャン王子】
1-1-1. トップランカー斬りの称号が、【[斬った相手の称号]+斬り(称号によって変動あり)】になります。
ぐっちTRを斬った(ラスに沈めてトップ取った)人は【カンチャン王子(?回)斬り】
佐野TRを斬った人は【麻雀妖怪(?回)退治】
1-2. TRへの経験点発行は一時凍結されますが、TRから陥落(後述)したときに一括して支払われます。
1-3. TRのレベルに追いついたものは、TRトライアルに挑戦できます。
自分のレベル以下のトップランカーと同卓したとき、TRトライアルとなります。直接対決連続4ゲームの素経験点の合計が高いほうが新たなTRとなります。TRトライアルに参加したその他のプレイヤーには【トライアル立会い人】称号が与えられます。
なお、TRトライアルへの該当者が3名以上になった場合は上位2名がTRとなるなど、フレキシブルに対応されます。(例:くすは選手(現在Lv.16)がLv.17になった直後、佐野・ぐっちと3人同卓するケース)
1-3-1. TRトライアル敗退者には経験点が与えられ、次回レベルアップまでTRトライアルに挑戦できなくなります。
1-3-2. TRトライアルに負けた陥落したものには、TR中の経験点が一括してが与えられ、次回レベルアップまでTRトライアルに挑戦できなくなります。
補足:TR陥落直後の経験点発行でレベルが上がった場合は、すぐにTRトライアルに挑戦できます。

2. 経験点ボーナスが大幅に増えます
2-1 Aトップ・Maxトップ・ハイレベラー斬りにも50Expのボーナスがつきます。
2-2 トップランカー斬りの経験点がレベル差×100Expにアップします。
なお、TRよりレベルが高い人もでうりますが、その場合は称号だけで経験点ボーナスは0です。
2-3 同着の場合の順位係数が、より上位のものになります。(例同率トップは両方とも4)
2-4 トップランカーの経験点が他の人と同じになります。

2-5 2-1/2-2の有効化に伴い、2009年10月12日までの Aトップ・Maxトップ・ハイレベラー斬り・トップランカー斬り1回につき50Expを補填します。

|

« 第1節会場確保のお知らせ | トップページ | 第二期GM杯 第1節結果 »

コメント

>TRには個別称号がつけられます。
 ということは逆に言えばトップウランカー以外には個別称号はつかないという事ですね。ニヤリ。

投稿: farlanx | 2009年10月13日 22:39

>farlanx氏
いえいえ、TRには必ず個別称号がつくってコトであり、他の人に一切与えられないってわけじゃないんですぜ。(ニヤリ返し)

投稿: 佐野まさみ(本人) | 2009年10月14日 00:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 300ゲーム突破!Ver2.50へ:

« 第1節会場確保のお知らせ | トップページ | 第二期GM杯 第1節結果 »