« 「データ作りには標本数が大事」という話 | トップページ | TGH Mobile! 誕生 »

コラムアーカイブへのアップタイミングを考える

ニュースとコラムアーカイブのBlog版統合と共に、検討課題となっているのが「コラムアーカイブへのアップタイミング」
今日TGH2008年08月号分のコラムをアーカイブにアップしたのですが、これでもタイミング遅くないか?と考えています。

ベストはMSN・産経ニュース
・ニュースはリアルタイムでアップ
・連載読み物記事は本誌(産経新聞)の配送後、その日のうちにアップ
に倣う体制でしょう。

TGHは月刊誌なので、コラムについてはpdf/印刷版アップ後1週間待つべきでは?と判断しています。
印刷版がリリース直後で、まだ部数的に出回っていないタイミングでアップすることは、特にケータイで読む人を他手段で読む人より優遇することにならないだろうか?との考えです。
Web公開版と印刷物版のバランスを取ることで、両メディア読者を公平に扱いたい ―― とくに「PC/ケータイがない」「印刷版配布ポイントにいけない」という理由で、片方のメディアしか使えない読者を冷遇したくないのが、サプライヤとしての本心です。

以上に対するご意見、お待ちしています。

|

« 「データ作りには標本数が大事」という話 | トップページ | TGH Mobile! 誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラムアーカイブへのアップタイミングを考える:

« 「データ作りには標本数が大事」という話 | トップページ | TGH Mobile! 誕生 »