« Tichu対応準備出来! | トップページ | 「若い」麻雀を取材してきた »

2年ぶりの5勝目:夢道場杯

3月2日の夢道場杯で、通算5回目の優勝になりました。
前回の優勝が2年前の3月。去年はイベントバッティングで参加回数が減っている上に不調が重なり、ろくなスコアを残せていなかったのでほっとしました。

スコア展開がかなり荒れ狂っています。
1回戦 41,400持ち 2着
2回戦 82,700持ち トップ
3回戦 59,100持ち トップ
4回戦 9,000持ち ラス
トッププレミア2回分(20,000)足して 212.2ポイント

2回戦が激烈。
親のドラ3リーチに裏まで乗って6,000オールから発進し、ドラ単騎ツモ+裏ドラも同じで3,000・6,000、タンヤオドラ3が4順でテンパイ・三色への手変わり待っているうちに7順でツモっちゃったなど、ドラが思いっきり集まってくる展開。
たぶんFCMCで同じことやったら、主にFenrir氏あたりから「だからあんたのあがりは役なしでも8,000点級の破壊力になるんだって」とぼやかれること請け合いだったでしょう。

先月の道場杯も3ゲーム終了次点で首位だったのですが、第4ゲームでS野さんと当たって轟沈。別卓の3万点差の2位にまくられ優勝を逃すという展開になっていました。
今回も第4ゲームでそのS野さんと激突。結果がトビこそしなかったが、9,000しか残らないザマに。
もっとも今回はこの段階で2位と5万点差があり、ひやひやしながら終了のベルを待っていましたが、時間切れコールがなった時点で2着目の持ち点が20,000台。親とはいえ、倍満以上にはどうやってもならない手になっていたのを確認して、ほっと胸をなでおろしたのでした。

JMO麻雀能力検定3級合格してから、あまり麻雀負けていないなって感じがします。
Wager Matchでも大勝ってほどではないが、ピンの店で5ゲームくらい打って、C&H向け新作が1本買えるかなーってくらいに勝てています。
……残業が増えて、統計標本数(打ちに行く回数)が減っているってのもありますが。

|

« Tichu対応準備出来! | トップページ | 「若い」麻雀を取材してきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりの5勝目:夢道場杯:

« Tichu対応準備出来! | トップページ | 「若い」麻雀を取材してきた »